不動産売買の利回りは?
2017.05.23

お洒落な家不動産について調べていくと、よく利回りという言葉を目にするかと思います。利回りは不動産を扱う上で覚えておきたいものであり、これを知っておくことでより不動産投資で得をしやすいです。

利回りとは投資した金額に対する収益の割合です。1年の中で儲かった金額の割合を見ます。計算方法としては収益合計を投資額で割り、そこに100を掛けます。一例として1年間に利益が40万円あったとし、投資額が400万円だったとすると、利回りは10%となります。

不動産における利回りは複数あり、先ほどの計算式では表面利回りとして表されます。基本的にこれは不動産物件を紹介された際に見せられる利回りです。例としてアパートがあったとし、アパートは基本的に複数の部屋があります。表面利回りにおける収益合計とは、このアパートが満室だった場合、1年かけて得た収益の合計として算出されます。ということは、満室でなかった場合、実際の利回りは少々下がってしまいます。ですが、不動産を扱う側としてはとりあえず満室の状態でこれだけ見込めますよ、と提示してくるのでそれを鵜呑みにすることは避けましょう。

考慮すべきは実質利回りです。不動産を経営するにあたり、必要となった費用も含めて利回りを計算した結果です。こうすることで正確な収益の金額が見えてきます。収益合計を必要経費で引き、その上で投資額で割って100を掛けます。そこに出た結果が実質利回りであり、本当の利益はどれほどのものなのかが把握出来ます。これは提示される書類でもある程度は見えてきます。想定される合計収益がどれほどのものか、そして必要経費は何があるだろうか、と書類にはある程度書かれています。それを踏まえて自分で計算してみることは可能です。

利回りのことを知っておくと、色々な物件を見て回ったことでどれが得な物件なのかがある程度わかるようになります。書類の上では利益額は良い物件でも、計算してみたら利回りは実はそうでもない、というものがあるものです。逆に利益額はそんなによくないように見えるけど、計算してみたら意外と利回りはこっちの方が良さそうだ、というケースもあります。

投資をするにおいて、より収益を多くしたいならば利回りは避けては通れない要素です。だからこそ利回りについての知識は初めて投資をする人は学んでおきたい要素といえます。正しく利回りについての知識を得、どの物件が得な物件なのか。それを見極める目を持ちたいものですね。

▲ ページトップへ