入居率が高い物件の特徴
2017.05.23

白い家不動産投資をするからには、やはり利用してくれる客がいてこそです。彼らが家賃を支払ってくれるからこそ、定期的な収入が見込めます。アパートやマンションを経営する際には、複数の部屋を得ることが出来ます。となるとその全てが入居して初めて満室経営が成り立ち、利回りも高い状態で維持することが出来ます。

入居率が高い物件とはどのような特徴を持っているのでしょうか。まずは立地です。やはり物件を選ぶ際には、立地という要素は外せません。駅から遠い、買い物しやすい店がない、アクセスが悪いといった立地ならば、どれだけ設備が整っている、見栄えがいいという良い条件があったとしても住みづらくなってしまいます。長く住み続けるならばこういった要素は外せません。スーパーマーケット、コンビニが近くにあれば何かあった際にちょっと出かけてくる、という気軽さで足を運べますし、これについても近隣について調べておけば把握出来ます。

マンション経営の場合にはセキュリティ面についても気を配ってみましょう。近年ではマンションには様々なセキュリティ対策が施されています。入居者にとってマンションのセキュリティは気になる要素です。特に女性の入居者となれば、一人暮らしをするからには安全に暮らしていきたいと考えるもの。そのためセキュリティは万全か調べるでしょう。

アパートにおいてもマンションにおいても共通するのが部屋のデザインです。長く住みたいと考えられる間取りをしているのか、部屋の雰囲気はどうだろうか。設備はどうなっているだろうかなど、入居者はこういった面々を確認するでしょう。また男性目線と女性目線でも違いが出てきます。男性ならば気にせずに住みそうな部屋でも、女性にとっては少し首を傾げてしまいそうな要素があれば、入居を避けてしまう可能性があります。そのため部屋についてもしっかりと気を配ってみましょう。

また物件情報を発信する管理会社がいるならば、その情報発信の力も大切です。入居者を募集するからには、誰かの目に留まらなければなりません。しかし世の中には情報発信にあまり力を入れたがらない管理会社がいるのが現実です。もしもそんなところへと委託してしまえば、なかなか入居者が集まりませんので、収益が高まりません。これでは不動産投資を始めた意味がありません。それを回避するには、信頼出来る会社や業者へと管理を任せるしかありません。複数の会社や業者を回り、信頼出来るところを見つけましょう。

▲ ページトップへ