一生付き合いたい不動産会社とは
2017.05.23

白いマンション不動産投資をするにあたって、必ず接することになるのが不動産会社です。物件を紹介する、購入した後の管理関係に対してもアドバイスをくれる、といったものを不動産会社は行います。購入後も長く付き合ってくれる不動産会社こそ信頼出来る会社といえます。

不動産投資をするにあたって物件とは自分に合ったものでなければ意味がありません。不動産会社は様々な物件を紹介してくれますが、はたしてそれは自分に合った物件なのでしょうか。会社によっては自社の利益のために、わざとそうではない物件を次々と紹介するところがあります。この物件を安く仕入れたので、誰かに高く売り渡そうといったものや、長く売れ残ってしまっているので、そろそろ誰かに売りたいと考えている物件を売ろうとします。その果てには押し売りまがいのことをしてまで利益を得ようとするところがあるのです。そんな会社は信頼するに値しません。

また不動産投資は長い目で見て考えていかなければならないものです。目先の利益のために動くのではなく、長い時間をかけてじっくりと利益を回収しなければなりません。となればそれに付き合う不動産会社も、長く付き合っていける会社でなければならないのは自明の理です。そのためには、将来像について語れるスタッフがいるのかどうかも注目ポイントと言えるでしょう。現在の状況について語れるというのは大切ですが、未来についてはどうなのか。地域のことについてきちんと把握しているのか。物件がこの先どうなっていくのかなど、しっかりと話し合えるかどうかもチェックしておきましょう。

そして何より、リスクについてきちんと話せるかどうかが大切です。投資をするからには成功だけでなく失敗もあり得ます。この物件を購入する顧客がどのようなリスクを負いかねないのかを、きちんと説明してくれる会社は信頼するに値するでしょう。また成功例ばかりを語り続けるのもナンセンスです。失敗例もしっかりと紹介してくれるならば、顧客はこういった例があるのかと学ぶことが出来ます。それを踏まえた上で考えることが出来るので、こういったリスク、失敗例をちゃんと話してくれるスタッフがいるかどうかもチェックする要素です。顧客もまたこのようなスタッフがいてくれるのはありがたいですし、どういう失敗例があるのかをあらかじめ知っておくことでそれを回避し、成功へと一歩近づけるのですから安心できます。

最後に不安をケア、フォローするサービスがあるかどうかです。大家として必要な知識を教えてくれるかどうかや、資金計画、情報など様々な面においてフォローしてくれると安心です。また物件のメンテナンスや、空き室問題の解決、家賃についてなど、購入後も問題は色々あります。こういった面にもフォローやケアがあるかどうかもポイントです。

▲ ページトップへ